子ども達の目線で物事を考えられる環境

STORY

ブロック長 中途入社

―今、toiroでどんなお仕事をしていますか?
障害を持った子どもへの支援を行っています。
支援に関しては難しい点もありますが、常に、子どもたちが笑顔になれるように僕自身が笑顔を絶やさないように意識しています。

―今まで、他にどんなお仕事をしていましたか?
以前は、塾の講師をやっていました。しかしその中で障害を持った子どもを受け持つ機会があり、「そんな子どもたちに支援をしたい」という気持ちが芽生えました。
そんな時にtoiroに出会いました。

―今後、やってみたいことについて教えてください。
子ども達が、安心して楽しく過ごせる環境を作っていけるように頑張りたいです!

―toiroの好きなところ、良いと思っているところについて教えてください。
スタッフ間で常に連携をとり、子ども達の目線で物事を考えられる環境が整っているところはとても良いと思います。

―toiroでやりがいを感じた出来事について教えてください。
自分が担当したイベントで、子どもたちが笑ってくれる。自分と関わった子どもが昨日より、少しでも成長してくれている場面を見ることがやりがいです。

―toiroで特に印象的だったイベントについて教えてください。
夏に開催したBBQ!

―あなたにとって、toiroを続けている理由は何ですか?
自分が関わっている子ども達の成長を共に感じて一緒に笑い合いたいからです。

―お休みの日は何をして過ごしていますか?
バイクに乗ることが好きなので、ツーリング!もしくはカラオケでリフレッシュしてます!

―あなたにとって、toiroとは何でしょうか?
子ども達の笑顔が集まる場です。

―toiroのお仕事に興味のある方へのメッセージをお願いします!
「目の前の障害を抱えた子どもの為に、今自分が何をできるか」という事を常に考えていければ、子どもは必ず応えてくれます。
うまくいかない事があっても、諦めず子どもと関わり続けようとしていけば必ずやりがいを感じる事ができます!
一緒に頑張りましょう!